住宅ローンの審査が通りやすいのに落とし穴ってある?

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。
原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。
まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。
それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。
今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。
あくまでも新築や中古物件を購入するためにあるので、異なる目的での利用は認められず申請しても通りません。
それにより、用意すべき費用はいくらなのか?これを明確にした上で申請する必要があります。
仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。
以上のような危険性やデメリットもあるので、今後、後悔のない選択をしていきましょう。
今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。
固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけで月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。
ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、あといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。
けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
自分の家を持つ。
という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。
だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。
このため、現金をすぐに用意する。
という様なことはまず難しいでしょう。
それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。
どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、担当者に全て任せる。
という方法もあります。

住宅ローン審査に通りやすい銀行って?【借りれる金融機関リスト】