公務員資格持ってるとこんなメリットが!

公務員へと会社員だった方が派遣登録する先が決まってから辞めるのが理想です。
退職後の方が自由に時間を使うことができますし、すぐにでも働き始めることができますが、派遣登録するときに求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。
それから、建築や土木系だと、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を取得していないと仕事ができないというような仕事が多いので、狙い目と言えるかもしれません。
派遣登録活動は在職期間中から行い、派遣登録時にあった方がよい資格というのは、専門職の他はそれほど多くないようですが、取得資格が有利に働くということでは、なんといっても、国家資格が一番のようです。
特に、建築・土木系の中にはたとえば建築士などがそうですが、「業務独占資格」と言われるその資格を未取得のままでは実務不可という仕事がたくさんあるので、狙い目といえるでしょう。
派遣登録の際の履歴書の記述方法がわからないままだという人もいるでしょうが、今では、ネットで検索すれば、履歴書記載の模範的なサンプルなども載っていますから、参考にしつつ、履歴書を作成してもいいでしょう。
とはいえ、丸写しというのは控えなくてはなりません。
相手企業の人事の目に留まるような書き方をご自身で考えるようにしてください。
派遣登録をするのは可能でしょうか?結論を言うと可能です。
実際に会社員から公務員に派遣登録をした人は多数おられます。
ただし、職を変えたからといって給料がアップするとも限りません。
会社員を続けていた方が高い給料をもらえることもあるので、その辺りをしっかり見極めてから派遣登録される方がいいでしょう。
派遣登録する先がなかなか決まらない可能性もありえます。
無職である期間が半年以上になると就職先が見つけにくくなりますから勢いで今現在の仕事を辞めるのはよくありません。

公務員試験の難易度は超難関?【LECの合格できる勉強法とは?】