保険料の減免ってなあに?

国民健康保険には、保険料の「減免制度」があります。
「保険料が高くて払いたいけれど、どうしても払うことが出来ない!」と言う時、保険料の金額を減らせる制度になります。
例えば会社を辞めますよね。
その後の再就職が決まらない為、金銭的に苦しくて保険料が払えないとか言うことがあります。
あと、借金が出来てしまったので保険料が払えないとかと言う場合もあります。
更に、会社を起業したばかりで生活が苦しくて払えないなどもあります。
このような理由によって毎月の保険料が払えないことがありますよね。
(汗)このような場合には、市区町村にある国民健康保険の窓口へ行きます。
そして、「減免」の申請手続きをしてください。
(笑顔)申請手続きが認められると、保険料の金額が減らしてもらえたりします。
また、支払い自体を免除してもらえたりすることもあります。
(笑顔)減免制度の対象になるのは、主に次のような人が挙げられます。
(以下参照)。
※地震、大雨など天災により住宅が壊れてしまった時です。
※あるいは職場が壊れてしまった時です。
※生活保護を受けることになってしまった時です。
しかし、ちょっとくらい苦しいからと言って誰にでも減免制度が適用される訳ではありませんよ。
毎月の保険料を納めている人は沢山います。
ですから、審査はしっかりと行われています。
こういう状況になったら直ぐに担当窓口へ行ってください。
(笑顔)