ETCカードが不正利用されたら、保障は?

(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカは、オンラインショッピングの際に代金を支払う方法のひとつです。
磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で契約者や提携ブランド、運営会社を特定する仕組みです。
会員が利用することで売り上げを得ることができますが支払回数2回までは金利手数料がかからないことはあまり知られていません。
利用されても売り上げが発生しない場合はタダで支払いを立て替えてくれるのでしょうか。
実は会員だけでなく、加盟店からも手数料が支払われているので運営会社が損になることはありません。
ETCカードつきのクレジットカードの不正利用から会員を守るための保障制度があり、第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。
盗まれたことがわかった場合は、すぐに警察に届け出を提出しすぐに電話で発行元にも連絡をします。
不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。
ネットでのオンラインショッピングでは番号や有効期限、名義を入力するだけで簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。
ネット決済で悪用された場合、手元にカードはあるので発覚しにくいですが日頃からカードの利用状況をメールで報告してくれるサービスを利用するのも有効です。
電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて過激なポイント攻勢やスーパーセールでお馴染みの楽天のEdyもそれにあたります。
残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、飲み会やディナーの支払もその範囲で決済することができます。
支払の際に財布を開ける必要が無いので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。
1ヶ月単位で弾き落とされるキャッシュレスなカードは使いすぎる危険がありますがこのシステムは先に入金を済ませているので安心です。
その上、借り入れではないため信用審査が不要ですから専業主婦でも利用できるので便利ですね。